優良アダルトサイト無料紹介

無料でアダルト動画やアダルト画像が手に入る安心できる優良アダルトサイトを紹介します。広告ばかりや騙しリンク、に困っている人!ここは、訪問者のためのアダルトサイトです。今までお気に入りにたくさんのアダルトサイトを登録してた人も、当サイト一つお気に入りに登録すればOK!
優良アダルトサイト無料紹介使える得する情報厳選>日本という借金大国


有料アダルトサイトに入会する前にもう一度どんなサイトがあるかチェックしてみませんか?
有料アダルトサイトの価格を比較した一覧表 最新版

日本という借金大国

今、日本の借金をご存知でしょうか?日本の借金について知るは、日本の借金時計というホームページがとても役に立ちます。この借金時計は日本が経済破綻するまで動き続ける時計です。
日本の借金時計

この日本の借金時計によると、国民一人当たりの借金は、700万円にもなります。これはよぼよぼのおじいさんから生まれたばかりの赤ちゃんまで一律に700万円の借金をしているということになります。

借金の推移を見ると、平成10年には395兆円でしたが、今なお増え続けて平成19年には834兆円にもなります。借金は毎年確実に増え続けているのです。

ちなみに日本の税収は平成19年度で約57兆円です。税収の軽く10倍以上を借金しているわけです。

何が問題なのかというと、この800兆円以上の借金は国債ですが、だれがいったいこの国債を買っているのでしょうか?外国人は一切、日本の国債は買っていません。なぜかというと、利率が極端に低いからです。10年物の国債でも利率は1パーセント近くなのではないでしょうか(日本の国債には魅力を感じないので優良アダルト管理人はそこらへんはあまり詳しくありません。)

オーストラリアの定期預金にでもお金を預ければたった1年の定期預金でも日本の国債の5倍以上の利率があるはずです。

さて、外国人は日本の国債を買っていないということで、では誰が買っているのかというと、銀行や郵便局です。みなさんが預けたお金で銀行や郵便局が日本の国債を買っているわけです。

さて、増え続ける日本の借金ですが、まだしばらく先のことかもしれませんが、この借金が1000兆円を超えてくるようになれば、どうなるでしょう?いったい誰が買うのでしょうか?銀行や郵便局は買おうにも、お金がないのでもう買うことができません。日本人の総資産は約1100兆円ぐらいだったと思います。

いずれ、日本人の資産だけでは日本の国債がかえなくなるのです。では誰にかってもらうのか?外国人投資家しかいません。今の安い金利では絶対に外国人投資家は買ってくれませんね。となると、国債の利率が上がるわけです。利率が上がれば、借金の利子支払いも増えます。そして日本という国家は火の車になって、経済破綻すると思います。

そんなバカな!と思われる訪問者様もいるかもしれません。ですが、実際にアジアではつい最近に(15年ほど前?)韓国やタイが借金を返せずに経済破綻しています。実際、タイや韓国が破産してアジア危機になりました。

またアルゼンチンやブラジルも経済破綻しています。結構、大国が経済破綻しているのです。日本もいずれ経済破綻せざるおえなくなります。なぜなら、官僚は政治家は日本の借金について真剣に考えていないのです。というか、真剣に考えたら、かなり厳しい現実が待っています。

消費税を20パーセントにする、年金を全額カット、公務員の退職金なども出している場合ではないでしょう。公務員の給料も半額カットです。

実際にアメリカの官僚や県財界向けに出されたレポートで経済レポートしてはそれなりに権威の経済レポートとしてネバダレポートというのがあります。このネバダレポートでも、同じようなことが書かれていて、
公共投資の5年から10年の凍結
預貯金の30パーセントから40パーセントをカット
などかなり厳しい内容になっています。

このネバダレポートを使って、ある国会議員が当時の財務大臣に対して、国会で質問したことがありますが、財務担当大臣は
「検討する」
といっただけで、結局何も変わらず、無視されました。

でも、これぐらい厳しいことをしないと、膨れ上がった日本の借金はとめられません。でも、誰も止めることができないのです。もしも上のような政策をすれば、国民からは非難ごうごうの荒しです。

今現在、このような莫大な借金を作った原因は、日本が借金を作ったとしても誰にも責任がいかないからです。たとえ、日本が借金地獄になって、経済破綻しても誰の責任かなんてわからないです。

以上の理由からも、日本が今後借金を減らして行くことは不可能です。今後、日本の税収が増えればいいのですが、それも期待できません。なぜなら日本の出生率は下がりっぱなしで、将来は老人国家になります。経済力は衰え、GDPは下がるはずです。これは若い人が減っていくわけですから仕方ないことです。

このような中では、いずれ、遅かれ早かれ100パーセント日本は経済破綻することになります。

続きは
自分の資産は自分で守る